のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

七ヶ岳林道

今回は会津地方の超有名林道、七ヶ岳林道完走に挑戦する。

この日は超快晴で、道の駅たじまには大量のバイクが停まっていた。

国道121号から脇道に入り、山道に入っていく。

f:id:noramatsu:20211005211841j:plain

序盤は非常に快適なフラットダートである。

f:id:noramatsu:20211005220006j:plain

 

未舗装林道恒例の、カーブミラーとのツーショット。

自然に近い道と人工物のギャップが素晴らしい。

f:id:noramatsu:20211005220132j:plain

林道の入口付近は山菜取りと思われる車が数台いたが、さすがにここまでくる車はいない。

f:id:noramatsu:20211005220427j:plain

快調に走ると分岐が。

f:id:noramatsu:20211005220953j:plain

右は長沢線というようだ。いつかこちらも通ってみたい。

f:id:noramatsu:20211005225716j:plain

右側に七ヶ岳から連なる尾根である、高倉山を望みながら走る。雄大な景色だ。

f:id:noramatsu:20211005225832j:plain

おっと…!?

 

これは洗い越しではなく、砂防堰堤の天端を車が通れるようにしてあると思われる。

f:id:noramatsu:20211005225957j:plain

沢の下流側を見る。いつもと違った景色だ。それにしてもふもとが全く見えない。

ずいぶん山深い場所に来たものだ。

f:id:noramatsu:20211005230414j:plain

七ヶ岳の登山口のひとつに到着。なおこの辺りは新しく砂利が敷かれているが、滑りやすくなっているので注意。

f:id:noramatsu:20211005231149j:plain

そして、開通記念碑に到着。ここは広場になっており、休憩にちょうどいい。

f:id:noramatsu:20211005232837j:plain

ここにはわかりやすい登山道の案内がある。

f:id:noramatsu:20211005233501j:plain

さらに進むと、富貴沢線との分岐及び下岳登山口に到着する。七ヶ岳林道の整備状況がいいのも、登山口へのアクセスルートとして使われているからだろう。

f:id:noramatsu:20211005234550j:plain

右が富貴沢線。こちらも後程走ってみたい。

f:id:noramatsu:20211005235231j:plain

なお、登山者と思われる車が停まっていた。

f:id:noramatsu:20211005235750j:plain

富貴沢線側から見た林道の看板。

f:id:noramatsu:20211006000052j:plain

その先も路面状況は良好で、不安になる場所はない。

f:id:noramatsu:20211006000221j:plain

伐採地からは雄大な山々が望める。このスケール感も七ヶ岳林道の売りだ。

f:id:noramatsu:20211006000357j:plain

途中何箇所かにこのようなスプラッシュマウンテンがある。男なら勢いよく突っ込む!!!

f:id:noramatsu:20211006000618j:plain

最後はダラダラと長い下りになるが、白樺交じりの森林が美しい。紅葉の時期にまた来てみたいと思った。

f:id:noramatsu:20211006001118j:plain

国道289号に出て、無事完走することができた。