のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

日光線の第4種踏切

この記事は以下の記事から日光線の踏切を分離したものです。

noramatsu.hatenablog.com

 

・(仮称)西川田踏切の西隣の踏切→(正式名称)第一鹿沼街道踏切

なんと宇都宮市内にも第4種踏切が残っている。

後述の長坂村通路踏切の廃止により、宇都宮市内唯一の第4種踏切となった。

 すぐ東側には第1種踏切の西川田踏切があり、西側にも第四砥上踏切があるため、比較的安心して渡れる。

f:id:noramatsu:20210214222701j:plain

 

続きを読む

巻川サイクリングコース

栃木県内にはいくつかのサイクリングコースがあるが、県北にはサイクリングコースが非常に少ない。

おそらく観光資源が豊富で景観に優れていることから、わざわざサイクリングコースを作らなくてもサイクリングに適した道がたくさんあることが主な理由だろう。

f:id:noramatsu:20210325225625j:plain

国道461号から巻川に入る。この時点ではまだ砂利道である。

続きを読む

【秘境踏切】東北本線・福島県最南の踏切

前回の秘境踏切の記事が思いのほか好評であったので、今回は秘境踏切第2弾。

noramatsu.hatenablog.com

前回は栃木県最北の踏切。じゃあ、次はその1個北、(東北本線で)福島県最南の踏切だ。

福島県の本当の最南の踏切は水郡線の踏切(名称不明)である。

Googleマップでもどこからアクセスできるのかわからず、かなりの苦戦が予想された。

f:id:noramatsu:20210213214111j:plain

西側を通る道からアプローチを探る。この道は旧東北本線跡で、豊原駅から白坂駅まで、ゆるやかなカーブを描いている。

黒川橋梁をくぐって少し行くと、右に入る道を発見。空中写真で見た踏切の位置的にもここから入るのが正しいだろう(上の写真は振り返って撮影。奥が旧東北本線豊原方面、左がアプローチ路)。

続きを読む

栃木県道28号大子那須線 伊王野不通区

全国には車両が通行できず、登山道のような道が国道に指定されているところが何か所もある。

そのような道は地図上に点線で書かれることから「点線国道」と呼ばれ、道路趣味の対象とされる。

一方、都道府県にも点線区間は多くあり、マイナーながら探索の対象とされている。

今回は栃木県道にいくつか存在する自動車交通不能区間の一つを歩く。

f:id:noramatsu:20210323214641j:plain

早速であるが、分断区間の西側(那須町伊王野)に来た。

 場所はこちら。県道の色(黄色)で着色されていながら点線区間となっている。

ゲートがあるのは点線区間の少し手前である。

ゲートには歩行者が通り抜けできるスペースが開けられていた。

おそらく日常的に出入りする人がいるのであろう。

続きを読む

足利市の林道

今回は足利市の林道をまとめて紹介。

 

①林道長石線

下記記事を参照。

noramatsu.hatenablog.com

②林道栗谷・松田線

深高山東側を通る舗装林道。残念ながら不法投棄が多い。

f:id:noramatsu:20210124204357j:plain

特に見どころのない舗装林道かと思いきや…

続きを読む

林道小平座間線

桐生市の完抜林道紹介第2弾。

桐生市から草木湖に行くには3つのルートがある。

1つ目は国道122号を利用する方法。99.9%の人はこのルートだろう。

2つ目は県道66号→県道337号を経由し、前回紹介した林道三境線を通って草木湖に行く方法。

そして最後がこの、県道334号から林道小平座間線を経由する方法だ。

どのルートも通行止め時を除けば普通車でも通ることができるが、三境線ルートは途中の県道337号線がかなり険しかった。こちらはどうだろうか。

f:id:noramatsu:20210124195221j:plain

終点から起点方向にスタート。

f:id:noramatsu:20210124195358j:plain

童謡ふるさと館の脇から入る。すぐに山の中に分け入っていき、険しい上り坂となる。

続きを読む