のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

雲雀鳥屋

雲雀鳥屋(ひばりがとや)は宇都宮市多気山の北側にそびえる標高362mの山である。

この山は私がまだ子供の時に、その変わった名前につられて、今ほどネットの情報が多くない中、西側から藪を突破して登頂した記憶がある。

そんな雲雀鳥屋は登山道のない藪山だと思っていたが、踏み跡のある登山ルートがあることをネットで知っていたので、登山を決行することにした。

山の南側を通る下野萩の道から、権現神社への参道の階段を上る。

権現神社の裏手に回ったら、薄い踏み跡を登っていく。最初は踏み跡が薄くルートから外れやすいが、高いところを目指して登ればいずれは元の踏み跡に戻る。

ところどころにテープが付けられているので安心して登れる。

最初のピークに到着。ここから先は踏み跡が薄く、最初は西の方に下ってしまった。間伐された木や枝が転がり歩きにくい斜面に迷い込んでしまった。他に道らしきものは見えなかったのだが…

最初のピークに登り返して周囲を見ると、山頂の方向に下っていく非常に薄い踏み跡を発見。ここは最初のピークを目の前に鋭角に右に折れる必要があるため、初めて登るとまず見逃してしまうであろう。そして肝心な場所にテープがついていない。

かなり急な斜面を下るとはっきりとした踏み跡が現れる。あとはこれをひたすらたどればよい。

2つ目のピークを超え、時々作業道が現れるがそれに引き込まれずにひたすらまっすぐに登れば山頂に着く。

非常に地味な山で、写真を撮ってもほとんど同じ風景なので写真は少ないが、思い出深い藪山であった。

滝沢不動滝(白糸の滝)と緑資源幹線林道飯豊桧枝岐線

noramatsu.hatenablog.com

会津若松周辺ツーリングの1日目の記事はこちら

 

2日目は謎の大規模林道に向けて出発する前に、googleマップで偶然見つけて気になった場所に行ってみることにした。

有名観光地であるさざえ堂の脇の道を、山へかき分けていくと、道はダートとなる。

続きを読む

一ノ渡戸四ツ屋林道・黒森林道・東山大滝・小滝

今回は会津若松に1泊2日でツーリングに出かけた。

大きな目的は2つ、有名ダート林道の一ノ渡戸四ツ屋林道を完走すること、そして情報の少ない謎の大規模林道を調査すること。

その前にまずは腹ごしらえ。有名店の牛乳屋食堂でミルクみそラーメンとソースカツ丼のセットを頂く。かなり待ったが、その間に芦ノ牧温泉駅の猫駅長等を見たのでそれほど退屈はしなかった。

本ブログでいきなり食事の画像が出てくるのは珍しいが、それだけ心待ちにしていた場所ということだ。

さて、腹を満たしたところで満を持して出発。まずは闇川地区へ。

続きを読む

【ゆるキャン△聖地巡礼】大井川鐡道で吊橋巡りpart5

noramatsu.hatenablog.com

part5でようやく2日目となる。

先日に引き続き金谷駅を出発。元近鉄の電車に乗る。

この電車は当たり電車で、座席はふかふかで気持ちいい。

続きを読む

【ゆるキャン△聖地巡礼】大井川鐡道で吊橋巡りpart4

noramatsu.hatenablog.com

ゆるキャン△3期制作決定記念に、書き溜めていた記事を一気に公開します。

 

八橋小道をダッシュで巡ってきた私は、井川線に乗り千頭駅まで戻ってきた。

まずは遅めのお昼を食べる。

千頭駅から徒歩1分ほどのcafeうえまるさん。写真奥のほうにゆるキャン△原作絵が展示されている(店内にもポスターやグッズの販売がある)。

お目当てはもちろん、原作でなでしこが食べていた長島ダムカレーだ。ベーコンはアプト式鉄道を、ゆで卵は奥大井湖上駅を、エビフライは吊り橋(しぶき橋)を表している。具材が豊富で美味しい。大満足である。

続きを読む