のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

栃木県道208号飛駒足利線 飛駒不通区

 県道208号飛駒足利線を飛駒方面に行くと、最終的には下の写真の橋に出て突き当りとなる。

f:id:noramatsu:20210704153628j:plain

 しかし、橋の奥を左折して1.5kmほど行ったところまでは県道指定されている。

今回はそこまで行ってみることと、県道と林道の境目が分かるのか確かめに行ってみた。

続きを読む

【企画】栃木県最東端の道を一筆書き(後編)・桧山沢の不動滝

noramatsu.hatenablog.com

前回の続き、県道29号に出たところからスタートする。

東に向かい、県境1km手前で県道274号牧野大沢線に入る。

f:id:noramatsu:20210615235605j:plain

続きを読む

【企画】栃木県最東端の道を一筆書き(前編)

最近のご時世柄、他県に気軽に飛び出せない状況が続いている。

そんな中思いついたのが、県境ギリギリの道をたどる今回の企画。

最北端・最西端は山間部であまり端っこ感がなく、最南端は住宅街の中で複雑なルートとなるうえあまり面白みがない。ならば最東端をたどってみようと思う。

未走破の林道を数多くたどれるのも今回の魅力だ。

ルートは以下の地図の通り。

f:id:noramatsu:20210613102251p:plain

© OpenStreetMap contributors

那珂川町大山田上郷をスタート地点とした。これより北、大田原市那須町は県道やすでに走った林道をたどるだけとなり面白みがないからだ。

 

なお、ルールは以下の通りとする。

・一筆書きというルール上、通り抜けられる道のみを対象とし、行き止まりの道は対象外とする。

・一般的な車が通れる舗装路のみを対象とし、登山道や作業道は含まない。

続きを読む

蛇尾川と熊川の洗い越し全箇所訪問

那須野が原を流れる蛇尾川と熊川は総延長のうち大部分が「水無川」となっていることで有名である。

そんな河川特性から、両河川には橋ではなく直接(通常水が流れていない)川の上に降りて川を渡る、「洗い越し」が何か所かある。

 

一つ目の洗い越しは有名物件である、県道55号西那須那須線旧道だ。

なんと、洗い越しが県道指定されていた時期があるというから驚きである。

 場所はこちら。検索すればいくらでも出てくるし、ストリートビューもあるのでさらっと紹介する。

f:id:noramatsu:20210430144207j:plain

 県道259号折戸西那須野線から入り、道なりに進むと未舗装となる。

アプローチが長いので心細くなるが、普通車でも十分入ってくることはできる。

続きを読む

川俣桧枝岐林道(馬坂林道)

今回は初の湯西川エリアに進出となる。最近は休日に雨続きだったので久しぶりにバイクが快音を轟かせる日となった。

気になる道をどんどん走ろうと思う。

まずは湯坂峠を越える平沢芹沢林道。

f:id:noramatsu:20210530213244j:plain

この転回場から先の状況がよくわかっていない。

しばらくは普通の舗装路だが…

続きを読む