のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

涌谷ラン(加護坊山、箟岳、旭山)

旅をした日:2013/10/19

 

これもかなり前の記録だが、いわゆる現実逃避の旅に近いものだったと思う。

しかし、後ろ向きな動機で始まった旅は、それはそれで思い出には残る。

それを完全に昇華できるのはまだ先かもしれないが、ここに旅日記を書いてひとまずは供養することとする。

f:id:noramatsu:20180321224228j:plain

仙台から原付で北上し、なんとなく目をつけていた、大崎平野東端部の小さな山々をめぐる。

この辺りは小さな丘陵が独立して並んでいて、北西から加護坊山、山王山、箟岳山、和渕山、旭山と続き、石巻湾へと至る。

f:id:noramatsu:20180321224947j:plain

早速だが、まずは加護坊山だ。ここは加護坊山自然公園として整備されており、なんと山頂がすべて芝生となっている。

駐車場から芝生の中の気持ちのいい歩きとなり、数分で山頂に着く。

f:id:noramatsu:20180321225119j:plain

山頂には東屋が。360°の展望である。

f:id:noramatsu:20180321225219j:plain

晴れていればもっと気分がよかったことだろう。

f:id:noramatsu:20180321225345j:plain

次に向かったのは黄金山神社。かつてこの辺りからは金が採れたという。

f:id:noramatsu:20180321225558j:plain

金色の鳥居が胡散臭いが由緒ある神社である。

f:id:noramatsu:20180321225819j:plain

次に来たのが箟岳観音。俗化されておらず、荘厳な雰囲気だ。宿坊も複数ありかなり大きなお寺である。

f:id:noramatsu:20180321225908j:plain

食事処・旅館・日帰り温泉が一つとなった箟岳観光会館。看板がいい味を出している。

f:id:noramatsu:20180321230157j:plain

最後に旭山。すでに暗くなり始めているが、山頂までは10分ほどの登り。迷ったが、急いで登ることとした。

f:id:noramatsu:20180321230553j:plain

夢中で登り、山頂到着。ここも山頂が芝生となっており素晴らしい眺めだ。

f:id:noramatsu:20180321230713j:plain

石巻市街を望む。

f:id:noramatsu:20180321230810j:plain

山頂からの黄昏というのはなかなかない経験だ。

f:id:noramatsu:20180321230912j:plain

山頂には記念碑が立つ。

f:id:noramatsu:20180321231122j:plain

この後、急いで下り、帰路に就いた。

f:id:noramatsu:20180321231209j:plain