のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

長岡樹林地とその周辺の里山(後編)

noramatsu.hatenablog.com

 

1か月以上空いてしまいましたが、後編です。前編とは違う日に行っています。

f:id:noramatsu:20170621221757p:plain

© OpenStreetMap contributors

※青い線が前編のルート、赤い線が後編のルートです。

後編は枝道をなるべくだどるように非常にぐねぐねとしたルートになっているほか、上戸祭方面まで足を延ばしています。

 

f:id:noramatsu:20170621220535j:plain

今回は長岡公園から少し離れたところからスタート。上戸祭に近いところの、宮環長岡町交差点の近くの法面をよじ登るところからスタート。

階段を上るとけもの道が進んでいました。

f:id:noramatsu:20170621222100j:plain

この道はどこに続くのか、身近な場所なのに皆目見当つきません。

f:id:noramatsu:20170621222226j:plain

意外といい道となった。散歩で通っている人はいるのだろうか?

f:id:noramatsu:20170621222334j:plain

車道に出た。最終処分場跡地の北側を通る道だ。

ここから長岡公園までは車道を歩く。

f:id:noramatsu:20170621222510j:plain

長岡公園から長岡樹林地へと下る道。

知っている人じゃないと入りづらいところだ。

f:id:noramatsu:20170621222746j:plain

下りきると木橋があり、前編で通った道と合流する。

f:id:noramatsu:20170621222845j:plain

少し北に歩き、ため池があったところから登り、長岡公園に戻る。特に変わったところはないが、長岡公園の散歩のバリエーションルートとして組み入れるのもいいだろう。

f:id:noramatsu:20170621223038j:plain

登り切ったのもつかの間、その北側のけもの道からまた長岡樹林地に下る。そこは木が並べられ木道のようになった湿地帯となっていた。地面をめくりあげて倒れた倒木が印象的だ。

f:id:noramatsu:20170621223257j:plain

一面に木が敷き詰められている。

その先は丁字路となっており、右に行くと前編で通った長岡樹林地のメイン通りに出る。

今回は左に行ってみる。

f:id:noramatsu:20170621223344j:plain

目の前が急に開け、谷津田の上流側の畑に出た。

f:id:noramatsu:20170621223532j:plain

畑から一段上がると、耕作放棄地となった。道は不明瞭だが、通れそうなところを通っていくと…

f:id:noramatsu:20170621223803j:plain

十字路に出た。

(写真だとどこが十字路なのかわかりにくいが、ここが十字路のはずである)

f:id:noramatsu:20170621223915j:plain

前編で通った尾根道を横切り、下り始める。

左手には耕作放棄地とおぼしき荒れ地が。

f:id:noramatsu:20170621224040j:plain

民家があるところまで下ってきた。今は宮環の騒音が間近に聞こえるが、かつては静かな山村だったのだろう。

下りきったら東に行き、お寺の跡地の脇のけもの道を登っていく(ここら辺は民家のすぐわきを通るので写真は割愛)。

f:id:noramatsu:20170621224358j:plain

登りきると十字路となる。前編では奥(南)から来て右(西)に行った。今回は左(東)へ向かう。

藪を切り開いた、典型的な鉄塔巡視路となる。この道はどこに下るのか?私の予想だとまっすぐ東には下らないと思うが…

f:id:noramatsu:20170621224704j:plain

一番東側の鉄塔に到着。東に下る道はない。

f:id:noramatsu:20170621224829j:plain

鉄塔に来たらとりあえずやること。真下から見上げて「結界」の撮影。

f:id:noramatsu:20170621225216j:plain

さて、巡視路はここで鋭角に曲がってきた。東から北西に向きを

変え(写真の左奥から中央奥へ)、下り始める。

f:id:noramatsu:20170621225739j:plain

ここで木橋を再び見かける。しかし、宮環の内側とは思えない光景だ。

f:id:noramatsu:20170621225923j:plain

木橋を別角度からもう一枚。

f:id:noramatsu:20170621230055j:plain

ここで北に向きを変え、ふもとが見えてくる。豊郷台入口の脇、ガソリンスタンドの近くに出た。

これでこのあたりの山域はほぼ攻略完了だが、まだ一つ気になる道がある。

宮環を西に歩き、その入り口へ。

f:id:noramatsu:20170621230320j:plain

この、左上のほうに入っていく道だ。入口からほんの数メートルは舗装されている。

f:id:noramatsu:20170621230439j:plain

かなり広い道だ。散歩で使う人はいるのだろうか(2回目)。

f:id:noramatsu:20170621230534j:plain

広場のようなところに出てから道幅は急激に細くなり、けもの道レベルになる。ここも進むと、本記事の冒頭で歩いた道に合流する。

f:id:noramatsu:20170621230749j:plain

最後に、西に進路を変え住宅地の裏側を通る。

f:id:noramatsu:20170621230849j:plain

これで終わりかと思いきや、気になる階段が。「上戸祭緑地」と書かれた看板がある。階段の先には何もない。まだ整備中のようだ。

ここから先は山の中を適当に進み、スタート地点に戻った。