読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

古賀志山・御嶽山・坊主山

旅をした日:2006/12/31 

f:id:noramatsu:20161227231831j:plain

 -----

所在地:栃木県宇都宮市日光市
比高:380m
クサリ場・ハシゴ:ハシゴあり
藪・茨:なし
難易度:初心者向け

-----

 

古賀志山は、宇都宮市で最も人気があり、栃木県でも有数の人気を持つ山である。

市街地から大谷街道を西へ。車窓右手に古賀志山の山並みが見ながら行くと、城山西小学校への案内があるので、ここを右折する.

道を上り、城山西小を過ぎると駐車場があるので、車の人はここに車を置く。

f:id:noramatsu:20161227232135j:plain

案内に従い林道を少し歩き、登山道に入る。滝コースと呼ばれる道で、最も人気のあるコースだ。最初は砂利の緩やかな道だが、徐々にせまくなり、勾配も増す。

f:id:noramatsu:20161227232315j:plain

作業道に引き込まれないように気をつけて進むと、不動の滝(雄滝)だ。そばには祠もある。
この周辺はロッククライミングの練習場となっていて、この日も登っている人がいた。

ここで一休憩した後、いったん登山道を離れて左に向かう。

f:id:noramatsu:20161227232423j:plain

壁の下を歩くと、雌滝がある。ここは普通のガイドブックやホームページには記載されてない。
雌滝の周辺には弁天・天狗の宮・風雷宮があり、ただならぬ霊気を感じる場所である。

f:id:noramatsu:20161227235544j:plain

目の前一面に岩壁が広がるさまに圧倒されながら、雌滝に近づく。水量は少ない。滝の裏側に回れるようだ。
なぜかやってはいけないような気になりながらも、滝の裏側に入ってみる。日光の裏見の滝が滝の裏に入れなくなっているいま、ちょっと貴重な経験だ。

f:id:noramatsu:20161227235633j:plain

ちょっとお賽銭を置いて、洞窟を覗いた(見えなかったが、奥には風神様が祀られているという)後、戻ることにした。
雌滝周辺は、地元の人に大切に保護されている地域のようなので(ロッククライミングも禁止されていて、案内もない)、このサイトでは紹介したものの、このサイトのせいでゴミが増えた、なんてことのないように、くれぐれもゴミは捨てないようにお願いしたい。

f:id:noramatsu:20161227235856j:plain

不動の滝(雄滝)に戻り、登山道を行く。右手に行く道があるが、ロッククライミングの練習場に行く道のようなので、行かない方がいい。

道は沢沿いとなり、沢の源頭を見届け、急登を一気に登りきると稜線上に出る。
ここから左に行き、ハシゴを登ると御嶽山だ。

f:id:noramatsu:20161228000037j:plain

ここからはほぼ360°の展望が得られ、今までの疲れも一気に吹き飛ぶ。

f:id:noramatsu:20170101204156j:plain

↑山頂から見た赤岩山。

f:id:noramatsu:20170101204235j:plain

↑山頂から見た古賀志山。

f:id:noramatsu:20170101204305j:plain

↑山頂から見た高原山。

 

御嶽山で大休止したところで、古賀志山に向かう。先ほどの分岐を過ぎ、少しのぼるともう山頂だ。
古賀志山山頂には電波塔があり、展望はあまり良くない。ただ、宇都宮で一番高い山に登った感慨はひとしおだ。

f:id:noramatsu:20170101204354j:plain

ここまで来たならあと5分ほど歩き、東稜見晴台までいってみよう。
途中には富士見峠への分かれ道もあり(北コース)、このコースも人気が高い。
東稜見晴台からは東側の展望がいい。

f:id:noramatsu:20170101204655j:plain

↑東稜見晴台から見た雲雀鳥屋と赤川ダム。

 

ここから元来た道を戻り古賀志山山頂付近を過ぎ、分岐から南コースに入る。
この道は延々と階段が続くので、登るときに利用するのはお勧めできない。

f:id:noramatsu:20170101204802j:plain

一気に下りきると古賀志林道に出る。反対側には「坊主山200m」の看板。
この山、どこが山頂かはっきりしないが、わずかなアップダウンを過ぎた2つ目のピークが山頂のようだ。

f:id:noramatsu:20170101204858j:plain

あっけなく坊主山を登頂した後は、林道を20分ほど歩き、(城山西小そばの)駐車場に戻る。

 

歩行時間(休憩時間含まず) 2時間5分
駐車場(5分)登山口(15分)不動の滝(30分)御嶽山(10分)古賀志山(10分)東稜見晴台(10分)南コース分岐(20分)林道出合(5分)坊主山往復(20分)駐車場