のら松の旅日記(ブログ版)

鉄道・登山・県道標識収集の総合旅行記

のら松の旅日記のご案内

このブログでは私の旅行や登山の記録を公開しています。

といっても、ありきたりな観光地の紹介ではなく、B級スポットや一風変わった場所を多く訪れています。例えば…

秘境駅

f:id:noramatsu:20170625221528j:plain

酷道険道

f:id:noramatsu:20170625222833j:plain

・国道県道の自動車走行不能区間

f:id:noramatsu:20170625223213j:plain

・暗渠

f:id:noramatsu:20170625223632j:plain

・滝

f:id:noramatsu:20170625223950j:plain

・藪山

f:id:noramatsu:20170625224336j:plain

土木遺産、古い土木構造

f:id:noramatsu:20170625224530j:plain

・素掘りトンネル

f:id:noramatsu:20170625225709j:plain

 

などなど…(思いついたら追記していく予定)

これらの中で一つでもピンとくるものがあればきっとお気に入りいただけると思います。

なお、ヘキサ(県道標識)関連は↓こちらをご覧ください。

ヘキサゴンコレクション - のら松の旅日記

 ※ヘキサの写真の一例↓

f:id:noramatsu:20170625230349j:plain

 

 

のら松の旅日記 登山マップ(栃木県・仙台市周辺が主)

 

鎌倉やまなみルート探訪

noramatsu.hatenablog.com

この記事は上記の番場ヶ谷の続きである。

時間が余ったので以前から気になっていた、鎌倉市東部の尾根をたどる道をたどってみることとした。

これから歩くのは朝比奈切通から熊野神社・十二所果樹園を経て鎌倉ハイランドに至る「やまなみルート」である。六浦方面から登ってくることもできる。

 

f:id:noramatsu:20190108225757p:plain

やまなみルート全体図。朝比奈切通入口~熊野神社はマイナールート。

© OpenStreetMap contributors

朝比奈切通から熊野神社までは以前訪れているため、朝比奈切通の南側に並行する尾根道をたどることとする。

f:id:noramatsu:20190108230456j:plain

尾根道への登り口。

朝比奈切通に向かうルートから尾根道にとりつく。

f:id:noramatsu:20190108230848j:plain

尾根道の登り初めはかなり急。

登り初めは掘割の中の急こう配を登っていくような道で、落ち葉がたまるとかなりきつそうな道だ。

掘割区間が終わっても急こう配は続き、鎌倉らしからぬハードさだ。

f:id:noramatsu:20190108231101j:plain

尾根道に出た。

尾根に上がれば後は比較的平坦な道となる。

f:id:noramatsu:20190108231252j:plain

熊野神社

熊野神社との分岐に来た。熊野神社に行くには少し下らないといけないが、ここまで来たからにはきちんとお参りしよう。

f:id:noramatsu:20190108231531j:plain

東朝比奈方面分岐。

熊野神社分岐に戻り、進路を南にとる。東朝比奈方面分岐を過ぎ、少し行くと六浦方面分岐となる。ここからがやまなみルートと呼ばれる道となる。

f:id:noramatsu:20190108231936j:plain

ずっとこのような光景が続く。

ここからはずっと米軍施設沿いの道となる。結論から言うとこの米軍施設の柵が著しく景観を害しており、十二所果樹園付近を除き眺望もないことから非常に面白みのないコースである。トレイルランをしている人がいたが、人気のないコースなのでこういう人には都合のいいコースなのだろう。

f:id:noramatsu:20190108233422j:plain

笹のトンネル。

十二所果樹園まではかなり藪っぽく、ハイキングコースとは思えない道となる。

f:id:noramatsu:20190108232346j:plain

しばらく歩くと十二所果樹園に到着。梅の季節はとてもきれいだという。敷地の中央部に展望台があるので寄ってみよう。本コースの最高地点である。

f:id:noramatsu:20190108232654j:plain

展望台からは、鎌倉の山々が望める。

この先は終点付近までひたすら単調な道となるので、ここから朝比奈切通入口まで下るのもいいかもしれない。

f:id:noramatsu:20190108232901j:plain

十二所果樹園から先はコンクリート塀となる。次の分岐までは30分ほどの歩きだが、体感的にかなり長く感じる。

f:id:noramatsu:20190108233750j:plain

鎌倉ハイランドが見えてくると終点は近い。鉄塔のある分岐を過ぎると、久木大池公園分岐に出る。直進は行き止まりのため、必ず久木大池公園に降りることとなる。

f:id:noramatsu:20190108234011j:plain

久木大池公園への下りはやや急なので、慎重に下ると公園に出る。

f:id:noramatsu:20190108234936j:plain

終点付近にはやまなみコースの案内板がある。中世からの生活道だという。面白みのない道とは言ってしまったが、人がわんさかいるコースに飽きた人はぜひこの道も歩いてほしいと思う。

f:id:noramatsu:20190108234256j:plain

久木大池公園は遊歩道のある静かな公園だ。

遊歩道で公園を半周したあと、最後の階段を上り、バス停に着いた。これで長い冒険は終了した。

鎌倉獅子舞・番場ヶ谷探訪

鎌倉は言わずと知れた観光地であるが、鎌倉の面白いところは、随所にハイキングコースがあり、それが観光客の連絡路として機能しているところであると思う。

ブログの記事はまだ書いていないが、今まで極楽寺駅北鎌倉駅の鎌倉大縦断コース(ほぼ葛原岡・大仏コースと同じ。)及び北鎌倉駅六浦駅の鎌倉大横断コース(六国見山~天園ハイキングコース~明王院朝比奈切通し)、祇園山ハイキングコース+衣張山ハイキングコースを歩いている。主要コースはほぼ制覇した形だ。

今回は紅葉狩りを期待してマイナーコースの数々を攻略する。

f:id:noramatsu:20190101222556j:plain

天園ハイキングコース獅子舞谷入口。

まずは鎌倉駅から二階堂方面に歩き、獅子舞谷の入口に来た。この日は三連休ということもありものすごい人出だ。下ってくる人も大勢いる。

f:id:noramatsu:20190101224130j:plain

まさに谷といった地形。

このコースはとにかく足場が悪く、泥でぬかるんでいるので、普段登山をやらない初心者は気を付けよう。私はこの日登山靴できたので問題ない。11月下旬だったが紅葉は全くしていない。12月中旬くらいまで待たないといけないようだ。

f:id:noramatsu:20190101224756j:plain

十二所方面への分岐。

尾根に出たら天園ハイキングコースのメインルートを南東に向かう。人で渋滞するほどの人気である。

私は上の写真の分岐を左にそれて、十二所方面に下る。このルートを使う人は少なく、かなり荒れている。朝比奈切通しにつなげるのには最適なルートなのだが。

f:id:noramatsu:20190101225202j:plain

暗いけもの道を下る。

下りきったら番場ヶ谷に突入する。

谷を詰めていくように進んでいく。

f:id:noramatsu:20190101230509j:plain

左が天園ハイキングコース十二所入口。

f:id:noramatsu:20190101230758j:plain

道のどん詰まりまで行くと、これ以上進めないように見えるが、吉沢川沿いに細い獣道がまだ続いている。上の写真だとちょうどハイエースが停まっている裏側だ。

f:id:noramatsu:20190101232632j:plain

いきなり藪の中の細道。

すると風景は一変。藪の中のごく細い道となる。藪をかき分けるほどではないが心もとない道をかき分けていくと小湿地帯に出る。

f:id:noramatsu:20190102223809j:plain

足元は当然悪いが登山靴のため問題なし。小湿地帯を抜けると道は沢に降り、そのまま沢を遡行する形となる。

f:id:noramatsu:20190102224520j:plain

小さなナメを遡行する。

f:id:noramatsu:20190102224615j:plain

左に行く道しか見えないが、実はここは分岐。

 小さなナメを越えるが、水量はごく少ないので普通の登山靴でも問題ない。

その先には、水の流れがよどみ、左側に道が上がっていく場所がある。ここは紅葉ヶ淵と呼ばれているらしい。ここも紅葉は全くなかった。

左側にしか道がないのでその道をたどると、岩の下をへつるようになり、道幅が20cmほどしかない極狭のトラバースとなる。

f:id:noramatsu:20190102225147j:plain

緊張のトラバースを抜けると、雰囲気のいい場所となるが、吉沢川の支流に入ってしまったようだ。

(このままいくとお塔の窪やぐらに行けるようだった。そこまで行ってから引き返したほうがよかった)

正解ルートは戻ってきたときに分かった。先ほどの左側に上がっていく道のちょうど反対側にもう一つ沢から上がる道があったのだ。下流側から来た場合右斜め後方となるため非常にわかりにくい。

その先は再び上流方向に向きを変えるが、蜘蛛の巣が多いためここで撤退することとした。まっすぐ進めは10分ほどの距離であったが、濃い秘境探検ができた。

(ネットやストリートビュー(なんと、こんな道でストリートビューが公開されている!)によると、この先相当荒れているようなので、再訪するかは微妙)

 

時間が余ったので、この後は前から気になっていた朝比奈切通~鎌倉ハイランドのルートをたどった。その記録はまた次の機会に。

 

 

 

首都高パーキングエリア巡りその2

今回は久しぶりに首都高を走りたくてしょうがなくなったので、走ることとしました。

↓参考:第1回

noramatsu.hatenablog.com

東北道圏央道を通り、関越道三芳PA(上り)へ。

f:id:noramatsu:20181231184106j:plain

ショッピングモールのような規模のパーキングエリア。

ここはかつて複数人できたことがあったが、今回は一人でじっくりと中を見る。

昼食後、出発。

美女木ジャンクションから首都高5号池袋線へ。カーブが多い路線なので慎重に走る。

次の目的地の志村PAは料金所直前を右に入る。危うく通り過ぎるところであった。

流出後すぐに10台ほどの小さな駐車場がある。トイレと自販機のみの小さなパーキングエリアである。

f:id:noramatsu:20181231184658j:plain

左から流入、右から流出。

f:id:noramatsu:20181231184818j:plain

かなり狭いパーキングエリア。

流入時は上の写真のように一旦停止する。料金所に滑り込んでくる車に注意が必要である。

説明が遅れたが、首都高のパーキングエリアは上りか下りどちらか片側にしかないところがほとんどである。志村PAとこの後の南池袋PAは上り方向しか利用できない。

次は南池袋PA。首都高最凶と言われる鬼畜合流があるパーキングエリアで、なるべく入らないほうがいいとまで言われているくらいである。

f:id:noramatsu:20181231185352j:plain

南池袋パーキングエリアのほぼ全景。

ここには自販機コンビニがある首都高としては中規模なパーキングエリアである。

f:id:noramatsu:20181231190422j:plain

南池袋パーキングエリア内部。

サービスエリアによくあるニチレイの自販機のほか、パンやおかしなども売っている。

f:id:noramatsu:20181231190941j:plain

止まれ標識のある鬼畜合流。

さて、問題はここを出る時だ。合流車線があまりにも短いために止まれ標識がある。本線は車が猛スピードでビュンビュン走っているのでタイミングを誤ったら命はない。生きて出ることができれば運転技術にも一つ磨きがかかることだろう。

上の写真は実はかなり危ない状況である。一旦停止したあと、そのまま加速して本線に入ろうとしてしまったのだ。後ろからはトラックが迫っており、ギリギリで気づいて停止し、事なきを得た。

f:id:noramatsu:20181231191526j:plain

さてお次は自分の番だ。止まれ標識で一旦停止後、本線ギリギリの位置で待って後方を確認する。カーブがあるせいで遠くまで見渡せないのがたちが悪い。車が後方に見えたと思ったら3秒後には目の前を通過する。車が確実に来ないのを確認し、無事生きて出ることができた。

f:id:noramatsu:20181231191929j:plain

比較的規模の大きい平和島パーキングエリア。

さてその後は5号池袋線を走破、都心環状線から八重洲線に入る。この辺りはジェットコースターのようだ。ほぼ全線トンネルの八重洲線を抜けると東京高速道路(KK線)へ。銀座の上空を通っている実感がないまま1号羽田線に入る。平和島PAで休憩。南池袋を拡張したような構造だ。

ここで折り返しとする。空港西出口で一般道に降り、羽田出入口から羽田線に入って再び都心方面に。

昭和島JCT・東海JCTの連絡路を通り湾岸線へ。次は11号台場線へ。言わずと知れたレインボーブリッジの道である。ここは夜通ったほうが楽しめそうだ。

そして、上り線のみ利用可能な芝浦PAへ。

f:id:noramatsu:20181231194113j:plain

芝浦パーキング出入口のヘアピンカーブ。

出入口は滑り台のような急こう配・ヘアピンカーブで、かなり無理のある構造である。あまり内側を通ると底を擦る可能性がある。大型トラックは事実上進入困難であろう。

f:id:noramatsu:20181231194234j:plain

400mトラックのような構造。

内部はかなり広々としていて、自販機も充実していた。

f:id:noramatsu:20181231194455j:plain

内部は広い。

この後は5号池袋線を戻り、三芳パーキングエリア(下り)へ。渋滞もあり、真っ暗になる寸前に何とかたどり着けた。

f:id:noramatsu:20181231194927j:plain

三芳パーキングエリア(下り)。

上りと異なり昔ながらのパーキングエリアの雰囲気だ。こぎれいな上り側の雰囲気もいいが、こちらも魅力的である。

これにて本日の旅は終了。

 

 

首都高パーキングエリア巡りその1

皆さんは高速道路を走るとき、しばしばパーキングエリアやサービスエリアで休憩することがあるだろう。

 

では、首都高のパーキングエリアで休憩したことはあるだろうか?

 

都会の狭いスペースを余すところなく活用した個性的なパーキングエリア、そして合流が鬼畜な休憩難易度の高いパーキング揃いだ。

 

そんな首都高のパーキングエリアを巡ってみた。

f:id:noramatsu:20181211214131j:plain

最初のPAは川口PA。ここの流出入難易度は低く、川口ジャンクションを超えたら左側の車線を走り、川口料金所を一番左のレーンで通過すればすぐ左手に入り口がある。逆に言うと一番左のレーンで通過しないとPAへの進入は厳しい。

ここで昼食をとり、出発。合流は料金所直後ということもあり流れが遅く、容易である。中央環状線に入り、山手トンネルを一気に通過、湾岸線に出る。

f:id:noramatsu:20181211215132j:plain

そして次に来たのが辰巳第一パーキングエリア。初めての首都高で緊張したのか疲れたのか、まともな写真がない。写真に写っているのはトイレである。ジャンクションの途中にある変わったPAで、湾岸線から9号深川線に入るときにしか利用できない。(東行き→深川線が辰巳第一PAで、西行き→深川線が辰巳第二PAである)

 

この後は9号深川線から都心環状線を走る。都心環状線は都心の峠道とも呼ぶべきな強烈な勾配とカーブ、そしてものすごい交通量でこれほど走っていて興奮する道も少ない。

2号目黒線に入る。盲腸線のため交通量は少ないが、代わりに地元車らしき車が驚くほどのスピードで飛ばしている。

 

その後は都心環状線に戻り、東京高速道路(KK線)を通過。銀座の上空を自分の車が走っているというのは妙な気分だ。

再度都心環状線に合流後、1号上野線を走破。こちらも支線らしく交通量は少ない。

国道4号を北上し、千手新橋から中央環状線経由で6号三郷線に入る。

f:id:noramatsu:20181211220239j:plain

本日最後のパーキングエリアの加平パーキングエリア。右側から流出する。加平出入口の中にひっそりとあり、高架に完全に囲まれたエアポケットのような空間だ。売店とフードコートもある。

f:id:noramatsu:20181211223212j:plain

ここの合流はかなり鬼畜だ。PAを出ると止まれ標識。右側から車が来ないか確認して流入、その後本線に右合流となる。

これにて本日の首都高ドライブは終了。

 

 

 

 

茨城・群馬の変わり種信号機

今回は、なかなか見ることのできない一風変わった信号機をご紹介。

複数日に分けて行ったのをまとめて紹介します。

また、信号機だけを目的としていったわけではなく、いろんな用事のついでに行っています。

まずは、茨城県筑西市関東鉄道常総線の踏切にある赤黄赤信号機。

f:id:noramatsu:20180826223923j:plain

この写真の時点で違和感MAXですね。

踏切での一時停止を促すために普段は左の赤を点滅させています。

f:id:noramatsu:20180826224345j:plain

LEDなので当分は現役でしょう。

列車が近づくと、黄色→右赤と遷移し、その後に警報機が鳴り始めます。

f:id:noramatsu:20180826224654j:plain

お次は水海道駅近くの赤黄赤信号機+黄黄赤信号機。

f:id:noramatsu:20180826225644j:plain

踏切の近くに十字路があり、踏切の前にある信号は赤黄赤、踏切を過ぎた十字路にある信号は黄黄赤である。

いずれも普段は左赤(黄)点滅で、踏切が鳴るときは黄→右赤に変わる。なお、踏切が鳴っているときの、線路と平行な道路の信号機は、踏切への誤侵入を防ぐため、踏切側以外の方向の矢印制御となる。

f:id:noramatsu:20180826231800j:plain

続いては桜川市の非常に年季の入った赤一灯点滅。

ヴィンテージが漂ういい信号機だ。

お次は群馬県

f:id:noramatsu:20180826232344j:plain

すでにこの写真の時点でただならぬ事態が起こっていることがわかるであろう。

 

赤黄赤信号機でも十分に珍しいのに、

f:id:noramatsu:20180826233348j:plain

まさかの赤2灯同時点灯!!!

これには度肝を抜かれました。

踏切の作動にかかわらず、常に赤2灯が同時点滅しています。

こういった変則信号機もおそらくどんどん姿を消していくものと思われます。

情報を仕入れ次第、早めに記録していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

三重遠征ヘキサ大量追加

7月11日から14日は昨年に引き続き三重遠征でした。

そして伊賀地方のヘキサを大量獲得!

ヘキサゴンコレクション - のら松の旅日記

昨年度の熊野観光のヘキサも含んでいるため、合計57路線の大量更新です。

ぜひご覧ください。

f:id:noramatsu:20180716190310j:plain

 

・今回の旅の概要

1日目

前日までの仕事の疲れを取ってから遅めの出発。

天竜浜名湖鉄道乗り鉄する以外はまっすぐ宿泊地へ。

f:id:noramatsu:20180716190558j:plain

2日目

レンタカーに乗り、ヘキサ撮影開始。まずは昨年度の取りこぼしを回収した後、

飯高町方面に向かう。

f:id:noramatsu:20180716190655j:plain

快調にヘキサを撮影していたのだが、ある県道を通り抜けようとしたところ、予想外の狭さ(軽自動車がようやく通れる程度)に焦る。

ちょっとハンドル操作を誤ったら真っ逆さまだ。

Uターンを試みたが、あまりにも狭いためそれに失敗し、柵にぶつかりバンパーを損傷してしまう。

(冷静に考えたらUターンができるような場所ではなかった)

そのまま進み、なんとかUターンができるところを見つけて生還。

近くの駐在所に駆け込み事故の届出と、レンタカー会社への連絡を済ませた。

 

幸い物損のため大事にはならず、遅れが生じたもののドライブ再開。山道は極力避け、無事ヘキサ撮影を終えて宿泊地の名張市に到着した。

 

3日目

朝一で赤目四十八滝に向かった。今回の旅で初の観光らしい観光である。

f:id:noramatsu:20180716205800j:plain

↑霊蛇滝。

f:id:noramatsu:20180716205842j:plain

↑不動滝。

f:id:noramatsu:20180716210141j:plain

↑千手滝。滝の前には茶屋もある。

f:id:noramatsu:20180716210256j:plain

↑布曳滝。

往復約1時間のお気軽ハイキングを終え、ヘキサ撮影に戻った。

f:id:noramatsu:20180716212225j:plain

名阪国道伊賀サービスエリアで休憩。

その後、名阪国道をドライブ。時間の関係上全線は走れなかった。

f:id:noramatsu:20180716212445j:plain

途中で、非名阪区間の五月橋が架け替えられるという情報を得ていたので見学。

ずいぶんと年季の入った橋だ。

f:id:noramatsu:20180716212700j:plain

そして、伊賀市に来たからには忍者屋敷にも訪れています。仕掛けは特に変わったものはなかったが、くノ一がとにかく可愛かった。

上野城の石垣はとにかく高い!!!足がすくむレベルである。

この日はこの後もヘキサを少々撮影し、宿泊地の四日市へ。駅前で打ち上げとなった。

 

4日目は名古屋周辺で乗り鉄をしながら帰った。